スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッピングモーター、国産と海外産の違い。

秋月で買ったモーターから、トルク曲線やデータがちゃんとあるオリエンタルモーターのPK268 56角2相ユニポーラタイプに交換した時、もちろんモーター自体が大きくなった事もありますが、かなりトルクが増えたように思えました。

以前町に出かけた時にオリエンタルモーターのショールームに行って技術の方に色々疑問に思うことを聞いて来ました。

国内産のと海外産のステッピングモーターの違いは内部の隙間なんだそうだ。

海外産は余り隙間が小さいと組み付けづらくなってしまうので広め。

コイルと磁石の距離は近いほうがひっつく力も反発する力も大きくなるので隙間は小さいほうがより大きな力を出力できる。とゆうことらしい。



さらに、内部磁極の加工精度も違うんだそうな。

同じ形式で作られた物ならまず日本製の方がトルクが出るそうです。

それと、磁極の加工の具合から1ステップずつの回転が均質だそうです。

と、ゆうことはマイクロステップさせた時の精度も均質だってことになりますね。。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。