3Dプリンタのヒドラ

http://hackaday.com/より。

A HYDRA OF A 3D PRINTER




ヘッドが沢山有るニュル系3Dプリンタですね。
時間の掛かるニュル系3Dプリンタの出力、動画上のフレームでは、4つヘッドが付いているので4倍のスピードでの出力。

またこの方同じフレーム形式でスピンドルを取り付けNCルーターとして、、



youtube上でレーザーカッターヘッドを取り付けたり、アルミ、基板材等を切削したりしてる動画を上げてらっしゃいます。
(レーザーカッターヘッドは直接光を見てしまう構造なのでアレですが、、、。)

単管パイプのようなものをレールとして使用しているので加工範囲内全てでの超精密加工的な動きは期待できないと思いますが、見た感じこのフレームタイプのフレームの大きさに対する加工範囲はガントリタイプのNCフレームに比べて広いはず。
また、フレームの材料自体単管パイプのようなもの(単管パイプは今時のホームセンターにて、φ48.6の物が定尺1m~4m程度まで販売されている)なので、大柄なフレームを作るのに最適なのでは?但しあまり大きなフレームだと、自重でパイプ自体が垂れてしまうので、補助用の足的なものを多数追加せねばならないとは思います。

固定具などなど、ニュル系3Dプリンタを使用して出力されたもの。
日本では3Dプリンタを使って、一発で物全てを作る傾向(フィギュアなど)があるように思いますが、このようにジョイント部品やその他既成材料を繋いだりする部品の作製とすると、また見方が変わるような気がかなり前から思ってます。









スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ