スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安で工業用サーボ制御

http://hackaday.com/blog/ より。

HACKADAY PRIZE ENTRY: INDUSTRIAL SERVO CONTROL ON THE CHEAP






ブラシレスモーターのサーボ制御に関する記事です。もちろんオープンソースとしてハードウエアソフトウエアも公開されています。

madcowswe/Servo

ステッピングモーターより効率がよく、より大きいトルク、速度を出すことが出来るブラシレスモーター。コレをサーボ制御すると、すげぃ作動速度ですね。。もちろんレベル、サイズは違えど、工業用のNCで使われているモーターもブラシレスモーターで有ることが多いです。

ただ、DCモーターブラシレスモーターも、ステッピングモーターよりも効率がよく、小さなモーターで大きなトルク回転数を出せる反面、モーター自身が発電機となり発生する起電力、逆起電力と呼ばれるものも大きいので、その処理が結構面倒です。

大電流のブラシレスモーターによるサーボ制御がお手軽にできるようになると良いですね。





ブラシレスモーター、ステッピングモーターと構造的には似ていて、よくよく考えると、ステッピングモーター自体にブラシは無いのである意味ブラシレスモーターなのかしらん?とも思います。
また、駆動に必要な電気も、マイコンやFPGA等で波形を作り出し、相数こそ違いますが、なめらかに動かすには正弦波に近い波形で動きます。



コンピューター数値制御(NC)の良い所、とゆうか特徴として、位置制御であれば、ローターリーエンコーダやリニアエンコーダーの位置の数値なのですが、マイコンやFPGAを使うことにより、センサ、AD等の数値も、、、、例えばモーターの作動に変換することが出来ます。ちょっと考え方を変えれば、ロータリーエンコーダーやリニアエンコーダーでカウントした数値を、電気で動かすことの出来るもの、、電灯の光量や、電熱線の温度、などなどにも変換したりできます。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。