3DCGやCAM、NCにはこんな用途もあるんですね。



Rhinojewelだそうです。
超有名3DソフトRhinocerosのジュエリー用のプラグインなんだそうだ。

さらに、モデリングしたものをRapid Prototypingしたページ

高精度な3Dプリンターでのワックス出力。
案外材質は違えど、もしかしたらレップラップが行き着く加工精度はこんな感じなのかもしれません。

10年ほど前宝飾系の大きな工場を見学させていただいた時、ジュエリーデザイナーが書いた2次元の絵を職人さんが絵の雰囲気を損なわないように見事に立体化させているところを拝見させていただきました。

もうこのご時世では、そんなテキトーな絵を書いていてはジュエリーデザイナーとは言えない時代なのかもしれません。

3DCGの段階でこんなふうにモデリング、レタリングされたノイズのないものを見せられたら、実際作る方は大変ですよ?たぶん。

たしかどこかで四角いワックスからCNCフライスの切削加工にてロストワックス形を作るCNCマシン屋さんもみたことがあります。。






記事中のワックスプリンタ、日本にて販売している会社がありました。

SolidScape

ピエゾ素子による吐出量制御、、、まるっきりプリンタ、ですね。。
しかも積層したワックスの厚みをカッターにて切削して厚みを整えてる。

やはりあれだけ高精度なプリントをしようとするとそうなっちゃいますねぇ。。

ロストワックスってことで歯科技工士さん向けでもあるようです。

そのうち歯医者さんとかでも3Dスキャナでの型取りとかになるんかしらん??

飛躍した考えですが、Reprapがあれくらい高精度になったらプラモデルの販売が少なくなって、3Dデータの販売になっちゃうのかしら?^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ