トランジスタ技術のMax10 FPGA本が出版。

CQ出版のトランジスタ技術2016年4月増刊として、(1)MAX10(2)ライタ(3)DVD付き! FPGA電子工作スーパーキットが出版されます。

このブログでもMax10をLinuxCNCのI/O,パルスジェネレーターとして使ったPluto-Pとして作動させたり、FPGAとゆうよりもプログラマブルロジックデバイスとして使用してます。

時代が進み、このようなプログラマブルなロジックデバイスの容量がソフトウエアCPUを載せることが出来るくらい大規模となり、また、このMax10、従来のFPGAのように、起動時に初期設定データを格納するコンフィグレーションROMが内蔵されていて、大変お手軽に使うことが出来ます。

NC用途としては、5Vロジックとの接続、、、となりますが、レベル変換ICなどを使いロジックレベル変換を適切に行えば問題なく使用できます。

FPGAやMCUを使うにあたって問題となるのは書き込み器。。この本に付属の基板と、秋月で追加の部品を購入すると、書き込み器も作成出来るみたいです。



よく、MCUとFPGAが同じプロセッサとして比較対象とされますが、マイコン、MCUは固定されたロジック回路による演算回路、I/Oで、決まった命令を随時実行していく物。FPGAやCPLDはマイコン等の演算部分を形作るロジック回路をプログラムするもの。

基本MCUは命令を一つづつCPU部分で処理していきますが、ロジック回路は回路が複数あれば、同時進行で作動していきます。
NCコントロールとか、複数の作動が一度に行われているような用途などには、統括コントローラーとしてCPUを使い、その下にぶら下がる形でロジック回路で、、って場合が多い気がします。

昔はロジックICの組み合わせで作ってたものを、PC上のロジックによる回路図の作成によってこのようなプログラマブルなロジックデバイスで同等に作動するってのは、とても便利です。









スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ