スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RaspberryPi2でMachinekit/LinuxCNC!!


巷で人気?のRaspberryPi。LinuxでARMとBeagleBoneBlack/Greenと同じなので、Machinekit/LinuxCNCが動きます。


RaspberryPi2Machinekit_LinuxCNC.jpg

一応、Simulatorを動かしてみたところ。I/Oの出力は無いはず。。
HDMI出力でフツーのモニタ。

GUIの描画速度はBeagleboneBlackでの、、よりも速く、4コアなのでかはよく解りませんがCPUの占有率も低く押さえれれてます。
使用されているMCUがメディアエンジン的なモノだからでしょうか。

Latencyの方はBBBと変わらず、、かな。。

問題となるのはStepパルスの出力。BeagleboneBlack/Greenはプロセッサ内にメインのCPUとは別のPRU(プログラマブルリアルタイムユニット)とゆうものも持っており、ソレをステップパルスジェネレーターとして使用している為、割りと正確なステップパルスが刻めます、が、RaspberryPi2にはありません。

の、で、外部ステップパルスジェネレーターが必要となります。。
イメージとしては、通常のPC用のLinuxCNCのパラレルポートに取り付けるFPGA基板、Pluto-Pを利用したPluto-Stepの様なもの。





理想としてはBeagleboneblack/Greenが2コア4PRU位だったらなぁ、、と思う所。
ただ、MachinekitとしてはXilinxのARMコアを載せたFPGA SoCのZinqでも走るようにしてるみたいなので、そちらも期待してます。(Zinqの載ってるボードは結構良いお値段するのですが、、。)

ARMコアのMCU、なんでもアリですね。。


スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。