スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての人がNC加工機を作りたいわけではないので。。

http://monoist.atmarkit.co.jp/より。

ママさん設計者がやさしく教える「CNCフライス超入門」(1):
3DプリンタとCNCフライスの違いって何? (1/3)


ママさん設計者がやさしく教える「CNCフライス超入門」(2):
CNCフライスを動かすために使うものあれこれ (1/2)



面白そうな記事が連載されています。

ごく普通の人は小型のNC加工機(ニュル系3Dプリンタを含む)自体から作る、とゆうよりも、市販のNCフレームを購入して使用するって事が多いと思います。そうゆう視点で書かれた記事です。


ただ、産業用の機械と比べ小型のNCマシン自体が格安で、不具合が起きた時、又は正確な加工を行おうと思った時にはこの手のコントローラー、モータードライバがどのように動いているか、また、機械として、どのように作動しているかはきちんとした理解が必要にも思います。

確かにきちんと細かいところまでの解説となると、LinuxCNCやMach3の数百ページあるマニュアルに目を通さなければ、、となってしまうので使う人がどこまで要求するかに応じて、理解して置かなければならないことが変わってくるのもまた事実。


このブログでも節操無くMCU NCコントローラーやPC NCコントローラー、ステッピングモータードライバやその他いろいろと触っていますが、その全てが必要なわけでもなく、しかし基本的な概念の理解は必要で、、と、。。

主にステッピングモーターの駆動に関しての記事が多いのは、オープンループのNC制御にて「定規」となる大事な所で、これがきちんと動かないと、いくらNCコントローラーが正確なコントロール信号を出しても、、となるので。。




何をやっても正解で、自分の要求する加工をするのに十分な知識と技術は必要なのかも、とは思います。

連載の続きがたのしみです。







スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。