スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CY8CKIT-059 PSoC® 5LP Prototyping Kitを使ってのTFTLCDの表示2。

そしてこうなった。





ADCの値を読んでグラフ化。
これができると、MCUと液晶パネルで色々と確認できる、かも。。

遅いですけど、見れるって大きいですね。

TFTパネルへのデータの書き込み量で表示の更新速度が変わってます。
大きめのバッファや、最適な速度での書き込みをすると表示速度はまた違うのかもしれません。
Arduinoオシロのように、データをバッファして表示するとオシロみたいに速い信号の観測ができるとは思います。


時間に余裕があれば、、、。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。