マイクロチップ社がEtherCAT®スレーブコントローラを発表

秋月等で割りとお値打ちに使えるMCU、PICを作ってるマイクロチップ社がEtherCAT®スレーブコントローラを発表しました。

Microchip、産業用EthernetおよびInternet of Thingsアプリケーション向けPHY内蔵EtherCAT®スレーブ コントローラを発表

LinuxCNCで使えるのかどうかは、さっぱり解りませんが、他EtherCATスレーブ向けのマスターは実装できるようなので、期待してしまいます。

なぜ、EtherCATなのかとゆうと、そもそものハードウエアであるEtherNetの物理接続自体が、PCとは絶縁されていて、さらに、差動出力な為にノイズに強いから。

チップ自体の発表のみで、出荷はもうちょっと先のようです。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ