スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型の5軸NC Mill PocketNCの開発は進んでいるようです。。

1年半程前に取り上げさせて頂いた小型5軸CNC MillのPocketNC、開発が進んでいるようでこの先開発終了?とともに、どうもクラウドファウンディングのKickStarterにて資金を募る(多分製品も販売)ご様子。



PocketNCのブログを見てみると、どうも制御にはBeagleBoneBlackLinuxCNCを使用して、エンコーダーフィードバックも行っている様子。
LinuxCNCのソフトウエア自体は9軸までサポートしてますが、BeagleboneBlackを使った場合、インターフェースとして、ケープとゆうサブ基盤に何らかの回路を取り付けないと、、、とは思います。

また、フレーム自体も、アルミ?の削りだし部品やリニアガイドと、結構高価な部品が使用されてますが、予価?として$3500と書いてあり、それだけの部品を使ってるのに、かえってお値打ちなのでは?と。



日本でも、デスクトップタイプの小型NCを製造している所がありますが、なかなか3軸以上の多軸制御やフィードバック制御までは手がまわらないのかなかなか見かけません。

また、LinuxCNC自体汎用機のレトロフィットなどにも使える性能が有るにも関わらず、日本のWeb上での情報のフィードバックも少ないです。
OSがUbuntuって所がとっつきづらいのかな?とも思いますが、Windowsと違い、最近の容量が多くなったUSBメモリにもOSとかとかと一緒にLinuxCNCはインストールできるし、シマリス技研さんが、日本語メニューのLinuxCNCをUPしたり、一部マニュアルの日本語化もされてますし。。とは思うのですが。。

また、BeagleBoneBlackへのLinuxCNCのインストールは、multipleろぼっとさんが、記事になされています。


日本でも、小型の安価な3軸以上の切削系NCが製品として出てくるのを期待しております。。




スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。