スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gコードを直接入力送信してのステッパモーターの制御

以前のE-Etch-A-SketchをGコードで制御。とゆう記事で使用したArudnoとGLCDを使ったE-Etch-A-Sketchを作成されたしなぷすのハード製作記さんに、フレーム等々をご進呈させて頂いたのですが、そうしたら、こんな凄いもの物を作成されました。。



Gコードをその場で入力すると、その数値に合わせてステッパモーターが回ります。

NCコントローラーはArduinoをハードウエアとして使ったGRBLで、秋月Duino上に載ってるブレイクアウトシールドと、PololuA4988モータードライバキャリアの載ってる配線基板は私がつくった物。。

GRBL自体はシリアル通信でGコードを送ると動くことは解ってて、決まった動作をさせるなら、MCU等のシリアルからGコードを送れば良いことも解ってたのですが、いかんせんプログラマブルな物が苦手なので。。^^;

ソフトウエアの力、すげぃ。



これを使うとPCレスで、Gコードを使った制御が出来ます。

この入力も凄いですが、もうちょっと推し進めてReprapファームウエアのようにSDカードからデータを読み込み、複数の単純動作の組み合わせによる複雑な制御等も出来るはずです。

また、PCから直接GRBLにGコードを送らずに、中間にマイコンを置くことでPCからのデータ送信量を減らし、複数のGRBLを使った多軸なシステムも構築可能だと思います。




複雑なシステムも、単純なものの集合で「複雑化」してるので、このような安価なNCコントローラー、システムを沢山使えばかなりのことも可能、、かも。。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Grbl使ってます

Grblを使い始めて数ヶ月になりますが、Gコードを直接入力するのは目から鱗でした。
今まで、テスト切削だとJOGかGコードを作って実行させていたので・・・。
ホント、勉強になります。

Re: Grbl使ってます

書き込み有り難うございます。

GRBL、最近のアップデートで結構スムーズに使えるようになってきましたね。

記事上で触れてますが、UARTを複数持つマイコン等で統括してコントロールすると統括マイコンへの命令で複雑な動きをさせることもソフトウエアさえ書ければ難しいことでもないのでは?と思います。

が、残念な事に私はプログラマブルなものは苦手なので^^;

アイデアのヒントは散りばめておきますので誰か作ってくださいとしか、、。。



> ホント、勉強になります。
ですね。

Twitter上の何気ない会話上で、液晶のEtchASketchが出来て、その会話の延長でGRBLでの制御が出来、それがこうゆう風になるだなんて、想像してませんでした。

人それぞれ得手不得手があって、時としてこんな感じの偶然が起こることはとても楽しいことですね。


ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。