GRBLがバージョンアップ

ハードウエアにArduinoを使用したGRBL、バージョンアップして、v0.9になりました。
ソースコードを大巾に書き直し、かなりのスピードアップが図られたようです。


機械翻訳コピペ^^;

GRBL - アルドゥイーノ/ AVR328マイクロコントローラ用の組み込みGコードインタプリタとモーションコントローラ
GRBLは妥協のない高性能、CNCフライス用のパラレルポートベースのモーションコントロールへの低コストの代替手段です。それは、それがATMEGA 328スポーツなどバニラのArduino(Duemillanove /宇野)上で実行されます。

コントローラは、正確なタイミングと非同期操作を実現するためにAVR-チップのすべての巧妙な機能を利用し、高度に最適化されたCで書かれています。安定した、ジッタフリー制御パルスの30kHzの最大維持することができる。

これは、標準準拠のGコードを受け入れ、何の問題もなく、いくつかのCAMツールの出力でテストされています。アークは、円、らせん状の動きは、完全に、並びに、他の全ての主要なGコードコマンドをサポートしている。マクロ関数、変数、およびほとんどの固定サイクルがサポートされていませんが、私たちはGUIがとにかくストレートGコードに変換することで、より良い仕事をすることができると思います。

GRBLに先駆け表情でフル加速管理が含まれています。つまり、コントローラは、将来に18の動きを見上げると滑らかな加速とジャークのないコーナリングを実現する前に、その速度を計画することを意味します。

ライセンス:GRBL V0.9は、GPLv3のライセンスの下でリリースされたフリーソフトウェアです。GRBL、V0.8前のバージョンでは廃止され、寛容なMITライセンスの下でリリースされている。これは、他人のコードは許容しながらGRBLは常にオープンソースのプロジェクトになりますが保証されます。

詳細とヘルプについては、私たちのチェックアウトWikiページを!あなたは情報が時代遅れされていることが判明した場合、私たちはそれを編集するか、私たちのコミュニティに通知することによって、それが更新さ保つためにしてください!ありがとう!





V0.8からV0.9の更新の概要

重要:デフォルトのシリアル通信速度は現在、115200です!(最大9600まで)。そして、あなたの設定が上書きされます!バックアップを持っていることを確認してください。
NEWスーパーステッパーアルゴリズムスムース: ステッピングドライバの取扱いの完全オーバーホールを簡素化し、ISRティックあたりの作業時間を短縮する。その名前が示す、動か(AMASS)アルゴリズムをスムージング新しい適応マルチ軸ステップとよりスムーズな操作が(詳細はstepper.cソースを参照してください)。ユーザーは、すぐに自分のマシンがどのように移動するかの大幅な改善と全体的なパフォーマンスが表示されるはずです!
安定性とロバスト性アップデート: GRBLの全体的な安定性は、このバージョンのために注目されている。プランナーとステップ実行をインターフェースは完全にリアルタイムでプランナーバッファから「小切手アウト」の手順、中間段階のセグメントバッファを導入することにより、堅牢性と清廉用に書き直されています。これは、私たちが今恐れず、最高限度だとGRBLをドライブできることを意味します。新しいステッピングアルゴリズムとプランナーの最適化と組み合わせることで、これがために翻訳された10倍に5倍私たちのテストでは、全体的なパフォーマンスが向上!また、安定性と堅牢性のテストは簡単に140万(はい、取ることが報告されている人のチャンピオンのように)線g-コードプログラムを!
(×4)+高速化プランナー:プランニングの計算は、4倍以上の計算を合理化し、バッファの未改善可能な部分を見つけて、それらを再計算サイクルを無駄にしないためにプランナーポインターを導入含まれていた、エンド·ツー·エンドの業務を最適化することで、より改善された。
コンパイルできるArduinoのIDE!:経由今ダウンロードして変更してもよく、GRBLのソースコードにコンパイルされ、すべてのプラットフォーム上で動作するはずのArduino IDE、を介して直接フラッシュする。それを行う方法の詳細についてはウィキを参照してください。
Gコードパーサーオーバーホール:完全にGコード規格に100%の-complianceのグランドアップ*から書き直さ。(* NISTの標準の一部は時代遅れと任意のビットは、私たちはより多くの意味を作るためにいくつかのマイナーなものを変えています。相違点は、ソースコードに概説されています。)また、私たちは、Gコードを分割することを可能にする措置を講じたいくつかの将来の発展のアイデアや改善のための鍵である個別の独立したタスクにパーサ、。
独立した加速度と速度の設定:各軸はユニークな加速と速度パラメータで定義することができ、GRBLが自動的に移動した方向に応じて経路を介して最大加速度と速度を計算します。これはShapeOkoのz軸のように、非常に異なる軸特性を持つマシンに非常に便利です。
ソフト制限:チェックし、任意のモーションコマンドがそれを実行する前に、ワークスペースの制限を超えた場合、およびアラームアウト、検出された場合。それが出erroring前フィードホールドを強制的のような別の安全機能は、しかし、ハード制限とは異なり、位置は失われない。注:これはまだ機械原点がどこにあるGRBLが知っているので、ホーミングのためのリミットスイッチを必要とし、新しい最大軸移動量の設定は、マシン用に正しく設定。
プロービング: G38.2ストレートプローブおよびG43.1 / 49工具オフセットGコードコマンドがサポートされるようになりました。シンプルなプローブスイッチが5(グランドに常開)宇野アナログ端子に接続する必要があります。プロービングサイクルは、ピンの状態変化を検出したときにGRBLは戻って、ユーザにプローブ位置を報告します。
工具長オフセット:プロービングは、工具長オフセット(TLO)なしでは意味がないので、私たちはそれを追加しました!(linuxcnc.orgによって記述)G43.1ダイナミックTLOとG49 TLOコマンドがサポートされるようになりましたキャンセル。G43.1ダイナミックTLOは、通常のG43 TLOのように動作します(サポートされていません)が、添付のオフセット値と付加軸の単語が必要です。GRBLはそのメモリ内に工具オフセットのデータベースを追跡し、維持する必要がないように、私たちは、これをしなかった。おそらく将来的には、このバージョンの工具データベースをサポートしていますが、しません。
改善されたアーク性能:円弧半径が大きいほど、より速くGRBLがそれをトレースします!現在アーク弦寛容ではなく、固定のセグメント長の点で円弧を定義している。これは自動的にtrueアークからセグメントの半径方向の最大誤差は0.002ミリメートルの超正確なデフォルトの弦許容値を超えることはないような弧セグメントの長さをスケーリングします。
CPU端子マッピング: GRBLは、1280や2560のような他のAVRアーキテクチャと互換性を持つようにするための努力で、新しいcpu_map.hピン設定ファイルはGRBLが彼らのためにコンパイルされることを可能にするために作成されている。これは、現在のユーザーに支持されているので、あなたのマイレージは変わる場合があります。バグ間で実行した場合、私たちに知らせたり、より良い私たちに修正を送ってください!事前に感謝します!
新GRBLシミュレータ!(@jgeislerよると@ashelly):コンピュータ上で実行可能ファイルとしてコンパイルしてもよいGRBLメインソースコードから完全に独立したラッパー。いいえアルドゥイーノは必要ありません。それはArduinoの上にあったかのように、単純にGRBLの応答をシミュレートします。多くのことのために使われる可能性:ダミーAVR変数を使用すると、出力は何に書き込むことができますようになどのGUI、グラフィックス、新機能のデバッグのための前処理が移動する多くは、やり残したが、潜在的に非常に強力で、GRBLがどのように機能するかをチェックアウトする必要があります。
設定可能なリアルタイムステータスレポート:ユーザーは、彼らが発行したときにGRBLバックレポートし、リアルタイムデータのタイプをカスタマイズすることができます'?'を 状況報告。機械位置、作業位置、プランナーバッファ使用のシリアルRXバッファの使用率:これには、次のようなデータが含まれます。
ホーミングルーチン更新:関係なく、リミットスイッチの位置のすべての否定的な空間でのワークスペースの音量を設定します。プロのCNCの共通。しかし、行動は、しかし、コンパイル時のオプションで変更される場合があります。現在、フラッシュのスペースを削減し、シーク時の最大速度を可能にするために、メインプランナーステッパモジュールに直接接続されています。
任意のリミットピン共有:リミットスイッチは、他の目的のために貴重なI / Oピンを解放するために同じピンを共用するために組み合わせることができる。組み合わせることで、ユーザーが同時にいない家に共有ピンの軸をconfig.hの中でホーミングサイクルマスクを調整する必要があります。心配しないでください。ハードリミットとホーミングサイクルはまだ彼らは以前と同じように動作します。
オプションの変数スピンドルスピード出力:のみconfig.hのファイルを使用してコンパイル時のオプションとして利用可能。'S' Gコードコマンド用のPWM出力を有効にします。この機能を有効にすると、ピンD12上のハードウェアPWMにアクセスするにはD12ピンを有効にするZリミットD11ピンとスピンドルを交換します。今D12上のZ制限ピンは、それ以前と同じように動作するはずです。
追加のコンパイル時の機能オプション:行番号の追跡、リアルタイムの送り速度の報告。
v1.0の開発を予定ジョギングコントロールと送り速度/スピンドル/クーラントオーバーライド。(V0.9では、送り速度オーバーライドのためのフレームワークは、その場でインストールされるには至っていないそれを完了するための唯一のマイナーな詳細です。)


引用終わり。




PCでのパルスジェネレーターでは、ジッタの発生する要素がありますが、ジッタフリーを謳ってますね。

まさか、数百円のMCUで3軸CNCコントローラーが手に入るとんでもない時代になりました。


また、V1.0の開発を予定と書いてあるので、期待してしまいます。。




新しいGRBLを使ってのShapeOkoの駆動動画ですね。
結構なスピードで駆動させてますが、これは送りにベルトを使ってるのでステッパモーター1回転当たりの送り量が単純に送りネジを使った場合より大きいから、だと思われます。
ステッパモーターのマイクロステップの分割数が気になるところですが、通信速度とその他コードの変更で、かなり速くなったのだと思われます。。


あとは、PC側の通信ソフトウエアの出来次第、、なのかな。。



そのうちためしてみたいとおもいます。。



スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ