F-EngraveとDmap2gcode

ちょっと前にScorch WorksさんのG-Code Ripperとゆう、Gコードレベルで拡大縮小回転分割等々ができるPythonで書かれたソフトを紹介させていただきましたが、多彩な方のようで、F-EngraveとDmap2gcodeなるPythonで書かれたソフトウエアも公開されてます。

F-Engraveの方はテキストを彫刻Gコードに変換するCAMで、テキストの各種操作等々できるようです。



また、その他操作も。。


Dmap2gcodeの方はグレースケールの画像データからGコードを生成するCAMでグレースケールの濃さから、切削する深さを決めるソフトウエアのようです。



双方共、オープンソースでソースであるPythonのファイルが公開されてます。


この2つと、G-codeRipperが有れば使い方によっては面白いものが出来上がるはず。
看板程度なら、お手の物?なのかも。。


時間がなくて試してないのですが、そのうちにためしてみたいですね。

スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ