スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものを形づくる材料と強度の基礎知識

東北学院大学 工学部 機械知能工学科 ロボット開発工学研究室の熊谷正朗教授の公開されているホームページ
http://www.mech.tohoku-gakuin.ac.jp/rde/members/kumagai/
内のコンテンツ、基礎からのメカトロニクス講座内の第21回 ものを形づくる材料と強度の基礎知識を公開されてます。

この中のでアルミフレームを用いた梁の荷重試験の実験画像を公開されてます。
http://www.mech.tohoku-gakuin.ac.jp/rde/contents/sendai/mechatro/archive/HTML21/rm21_fig053.jpg

案外、教科書等では、計算式と挿絵等で表現されているだけの梁の強さ、断面2次モーメント。
実際に実験されて、このような画像に纏めていただくと小難しい計算だけの力学が直感的に理解できます。

自作CNCマシンを構築する際、色々な材料の種類大きさの選定には悩む所がありますが、何を、どう配置すると、どのような強さが出るかなど、とても参考になるテキストです。


案外、力学的な事って超当たり前の事なんですが、普段の生活で気を使ってそのような視点で目に入る物を見ていないと、身につかない事だと思います。


また、熊谷正朗教授のページでは、各種計測制御、メカトロニクスやロボットまで、基礎的な事柄から詳しく説明されているので、とても参考になります。

このような日本語のとても有用な資料のインターネット上への公開、とても有り難く思います。

また、引用の承諾、有難うございます。






スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。