3Dプリンタコンバート木製CNCルーターでの出力。

相変わらず3Dプリンタってますが、どうやってもとてつもない時間が掛かってしまうので、太い吐出ノズルを作りました。

頂いたエクストルーダーに付いていたノズルは0.35mm。

ノズル径以上の積層はどう考えても無理なので、最大6割り程度なのかなぁ、と漠然と思い、ソレで計算すると最大積層可能厚は0.2mm。

単純に1mm厚の積層をすると、5層、10mm厚の積層をすると、50層の積み上げが必要です。

ヘッドの駆動スピードを上げれば出力速度は上がりますが、物理的に物が移動するので、限度があります。

特に、高精細なフィギュアを作りたいわけでもないので、太いノズルを作りました。

0.8mm径と1mm径。

積み上げ方向であるZ軸方向の解像度はCAM(Gコード)でいかようにも設定できます。

じゃぁ、太いノズルだと何がイケないのか、とゆうと、XY軸平面上の最小Rの大きさが大きくなります。

ついでに、出力時間の短縮の為、0.8mmノズルでは、0.4mm厚の積層、1mm厚のノズルでは、0.8mm厚の積層を試してみました。


3dp6_15_1.jpg

コレは0.8mmノズルでの積層中。
ヒーター上部から樹脂が漏れてますね^^;。
ノズル取り付き部分でシールする必要があるのですが、ノズルテストと、漏れた樹脂の具合を見てどの程度の温度が適正か?を見てたりします。

3dp6_15_2.jpg

で、出力されたもの。。
小さい方の積層厚は確か0.2mmだったはずだけど、出力時間は大きいのも小さいのもほぼ変わらないくらい。

3dp6_15_3.jpg



3dp6_15_4.jpg

んで、1mmノズルの物。これも出力時間は画像の小さいものとそんなに変わらず。。

交換したノズルも画像上に載ってますね。

頂いたものに付いてたノズルも袋ナットに追い加工したもので、私の作ったのも同じく。
ただ、スチールの袋ナットなので、ドーム部の肉厚が無いので、外形加工はしてません。

3dp6_15_5.jpg

ノズルが太いとXY軸面上での最小半径が小さく出来なくなるのですが、このようなブラケットやフレームのようなものであれば、内部塗りつぶし速度等々、移動が半分で済む事もあるので、使い方次第、でしょうか。

切削加工の刃物径の選定と同じように、必要な物を出力するのに、より適したノズルの選択、積層厚、積層スピードが必要だと。。

どのような加工でも、結局のところ加工して作成する品物の価値以上の加工方法、時間、手間を掛けていては、、、。。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ