スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-Etch-A-SketchをGコードで制御。

さてさて、Twiter上の会話から作ること?になった物です。

元々欧米の玩具としてEtch-A-Sketchとゆう、タカラの先生みたいな物があって、X軸Y軸をダイヤルで操作する絵を描くにはかなりの練習が必要なもの。。

http://en.wikipedia.org/wiki/Etch_A_Sketch


それをGLCDとArduinoを使用して、しなぷすのハード製作記さんが、同じように機能するEtch-A-Sketchを作成されました。
ArduinoとGLCDでEtch A Sketchを作る

元々、Etch-AーSkechをステッパモーターで制御する動画等々が公開されてました。






動画のシステムとか、結構大変そうに見えたので「もしかしたら、CNCコントローラーを使ってGコードで制御できるんじゃない?」と勘違いして作ったのが今回の、、です。



無論、フレーム、ギヤ等は自作CNCルーターによる切り出し。

etch 1

etch 2
まず、部品を配置しサイズの検討、作図。DXFファイルの吐けるCADならなんでもOKかと思います。
私は使い慣れたVectorWorksを使用。

etch3.jpg
DXFファイルをGコードにするためにCAMを使用。
Cut2Dにて、刃物に関する項目や、深さ等々やタブを入力、Gコードを吐かせます。

etch 4
NCルーターでの加工。

etch5.jpg
切り出し、GLCDが合うか試し。。

etch6.jpg
組み立て、完成。
ギヤはGearoticMotionを使用してDXFにて書き出し、Cut2DにてGコードへ変換。

etch7.jpg
裏です。基板上はATmega168と、電源周り位しか乗ってません。
しなぷすさんの作例では、ツマミ付き半固定抵抗でしたが、フレームに取り付けるためにVRを使用してます。

etch8.jpg

通常のつまみにて書いてみると画像のようにヘロヘロな字に。^^;
訓練すれば、かなりの絵まで書けるようですが、、、、私にはムリ。。


GLCDを直接制御すればいいわけですが、使いづらいものをモーションコントローラーとステッパモーター、Gコードで使いやすくできないか?とゆうのが今回の主題です。

NC加工機のみならず、色々なものの制御に。。





ちなみに、今回の制御にはGRBLA4988、42角のステッパを使用しました。PC側のGコード送出ソフトはGRBLコントローラー

普段つかってるのが、LinuxCNCやMach3なので、GRBLコントローラーは若干使いづらい印象。
んでもなんともならない訳ではないです。。







スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。