スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PlutoStepのパルス出力

以前の記事、LinuxCNCにて、Pluto_Pを動かしてみる。で、上手く設定できなかったPluto-Pのステップパルス出力波形を撮ってみました。



パラレルポートのEPPモードを使い通常のパラレルポートより高速なパルス(最大312.5KHz)を出すことができるようになります。
また、4軸分のStep/DIRと、汎用入出力が14出力と16入力でき、大幅に入出力を増やすことが出来ます。

また、今回はPlutoStepとゆうドライバを使いましたが、PlutoServoを使うと4軸分の高速エンコーダー入力と、サーボモーター駆動用のPWM出力ができるようです。
http://linuxcnc.org/docs/html/drivers/pluto_p.html

気持ちパラレルポートの出力よりも波形が綺麗な気がしますが、もしかしたら気のせいなのかも。

Pluto-P FPGA board

マザーボードのBIOS設定画面にてEPPモードを設定できるPCなら使用できます。
また、FPGAへの書き込みは、パラレルポートから書き込みます。書き込みにはWindows環境が必要です。

割りと安価なので、選択肢の一つとしてあっても良いかも。。

出力は3.3V



スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。