Arduinoの簡易オシロスコープ

Arduino でオシロスコープより。

参考URL
http://www.eleki-jack.com/next/2011/01/no4arduino.html



ArduinoUnoと、LCDディスプレイ、その他、外付け部品が最小の構成でスタンドアロンのオシロスコープが作れるようです。


ArdublockとArduinoMonitorと云う記事で紹介させていただいた大阪教育大学准教授 の光永 法明氏が公開されてます。

ページのテキストは日本語です。

Arduinoで構築するオシロスコープは市販のオシロスコープに比べ、測定能力が劣るのは当たり前ですが、なかなかオシロスコープを購入するのも高価なので。。


しかし、信号が画像で確認できるってのは大きくって低速であれば、パラレルポートから出力されるステッピングモーターのステップパルス位は確認出来ると思います。

また、複数の信号の場合、2chのオシロだと、当たり前ですが、2chしか信号を観察することができません。幾つもの信号があるCNCコントローラーの信号を見ようとすると、このように、安価に構築できるオシロスコープを複数作ると便利だと思います。







スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ