スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z軸のの切込み量とか。

自作したCNCルーターでの刃物の溝加工時のZ軸の切込み量は6mm経のエンドミルを使用して3~4mm程度が限界でそれ以上になると剛性の問題なのかブレて精度的に問題が出始めました。

当たり前のことですが一回の切込み量が増えると刃物の切削抵抗が増えます。

しかし、一回の切込み量が少ないとエンドミルの先っちょだけ刃物の摩耗が進みもったいないです。
また、加工時間も増えてしまいます。

刃物の送り速度よりもCNC本体の剛性を上げるほうが刃物の消耗を抑えられて加工時間を短縮できると思います。
もちろんエンドミル自体の剛性以上の加工をすればエンドミル自体が折れてしまいますので、その範囲内のことですが。



























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。