スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金工用のエンドミルを使ってみて。

本当のところ、木工用のトリマービット、ルータービットを使いたいのですが、数の理屈で金工用のエンドミルのほうが安いので切削試験に使用しています。

木工用の刃物に対して金工用のエンドミルは刃のねじれが強く、加工する材木の表面側に毛羽立ちができてしまいます。
毛羽立ちはサンドペーパーを軽くかけるか、ノミや小刀等で軽く小削ぎ落とせます。(材質にも夜と思いますが。)

この毛羽立ちは刃物の「切れ」が落ちてくると増えてくるように思います。
また、一般的な軟質材の針葉樹と呼ばれている材木の加工時には特に毛羽立ちが多くなりがちです。

堅木と呼ばれている広葉樹の加工時には、刃物が「切れて」る時はほとんど毛羽立ちは起きません。

CNCルーターを使っていると結構思い通りに加工ができて面白くて無駄に加工しがちになってしまい、
刃物の消耗が激しくなってしまいます。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。