スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BeagleBone用CNC翻訳

http://hackaday.com/より

BeagleBone Black does CNC with RAMPS





あと2,3年もすると、このくらいのことはMCUで済んでしまうのかもしれませんね。



LinuxCNCでPluto-pとか、MesaCardとか、Mach3でSmoothstepperとか外部パルスジェネレーターを触ってみて、PC-CNCでの一番のネックはその辺なのでは、、、と、思ってます。
一応、Pluto-pとMesaCardで使用するパルスジェネレーター部分はオープンソースとして公開されてますが、プログラマブルなものに疎いのでなかなかファイルを開く気にならなくて^^;

もしかしたら、UIとGコードトランスレーター位ならBeagleboneくらいで十分?!

Arduinoを使用したGRBLやTinyGとかでも、ハードウエアロジックでのパルスジェネレーターがあれば、かなり使える?の?かも。。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。