単軸スライドのDigitalReadOut

MagneticLinrEncoderICと秋月AE-ATMEGAをArduino化した物を使用し、DigitalReadOutを作ってみました。

CNCマシンにデジタルノギスを取り付けたような感じでしょうか?



駆動設定は動画最初のLinuxCNCのStepConfigWizardを見てください。


この分解能の4倍まで分解能を上げることも出来るのですが、「AS5048磁気ロータリーエンコーダーICを使ってみる。」とゆう記事と同じで、細かい数字がブレブレになるかも?とゆうことで、この程度な分解能。。

液晶表示上段が、エンコーダーパルス数を数えている数値。下段左側がmmで、右側がμmで表示させてます。




この動画はLV8727バイポーラステッピングモータードライバを使用して1/128マイクロステップにて、さらにゆっくり駆動。




これは、失敗。先の記事、「Arduino用のエンコーダーライブラリ。」内のエンコーダーライブラリを使用したのですが、液晶表示の更新を、エンコーダーのパルス周期と同じにしてしまい液晶表示の更新が表示自体に追いつかず、読めないくらいに。。




何事もやってみないとわからないことばかりです。。


追記。。

スケッチは前記事のサイトのエンコーダーのライブラリないのサンプルのBasicにキャラクタLCDに出力する命令とDelay関数にて、表示を遅らせた程度です。

超適当な変数名なので、はずかしくって、、公開できませぬ^^;




スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

GOOD

こんにちは

良い物が出来ますね

リクエスト
中間で0にセット
±にて休止 0.5秒
中間で休止 0.5秒

数値の表示値がみてみたいですv-212

Re: GOOD

こんにちは。評価していただきありがとうございます。

この記事内の動画と同じ作動で、0、+30、0、-30、0とゆうシーケンスを5回繰り返すコードを書き、動画を撮りました。
もちろん数字の位置にて0.5秒のストップを入れてあります。

記事にさせていただきます。
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ