スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grblとか、Reprap系のコントローラー、もっと使えるのでは??

ArduinoもしくはATmegaを利用したCNCコントローラー、Reprap系のコントローラー、コントローラー単体でGコードを解釈し、モーター駆動用のパルスを発生させることができます。


以下妄想。。


と、とゆうことは、人間とのインターフェースである、PC上でのコントローラーへGコードを送るソフトウエア次第では、単なる3軸CNCマシンとしてのコントローラーだけでなく、かなりの応用範囲があるのでは??


統括する上位PC(ラズベリーパイやビーグルボーン)を使用しての複数のコントローラーの使用とか、各種入出力の追加とか、、、、、妄想ですが。。。



もちろん、今まででもLinuxCNCを使うと最大9軸までの制御と各種入力が使用でき、リアルタイムなので、各種機器の制御等々は可能、

スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。