パラレルポートのパルス出力

パラレルポートから出力される信号はどのようなものか?と資料だけでなく実測されているサイトはないかとさがしていたら、中日電工さんのサイトに辿り着きました。
その中の第276回パソコンをつくろう!パラレルポートのパルス出力(2)にオシロスコープにて計測された画像が載ってます。

最小パルス幅は1μSだそうです。
この数値はステッピングモーターへ出力されるステップパルスを制限します。
高速、高解像度だとパルスが追いつかなくなるかもしれません。

それよりもこの記事のWindowsとLinuxの比較でWindowsのパラレルポート出力への割り込みに驚きました。

Mach3を使っていても特には気にならなかったのでソフトウエアでなんとかなるものなのかもしれませんが、私が気づかなかっただけ、なのかも。。

USBによる外部モーションコントローラーによるCNCの制御も、ソフトウエアの設定や使用ソフトウエアを制限されてしまうので使用するのを躊躇しています。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ