Tiny2313を使ってみる。

苦手なプログラマブルな物、克服、とゆうか、挑戦とゆうか、触れるようになるともうちょっと色々なことができるのではないか?と勘違いしてちょっぴりがんばってみようかと。。

秋月電子のAE-ATmega基板をArduino化して使って見てるのですが、Mega168、328共フラッシュメモリが多きいのでもったいない気がしてちょっとしたことをするにはもったいないような気がするので、Tiny2313を触ってみよう、と。。

んで、

試しながら学ぶAVR入門

とゆう本のATtiny2313テストボードに似た基板を作成

Tiny2313.jpg


AtmelStudio6をインストール、少し触ってみて、書籍のどおりとりあえず、やってみましたが、「こうしたい」を実現するにはまだまだで、なんとかArduinoIDEで、、と。。

ウェブ上を徘徊してると、

ArduinoIDEでATtiny/ATmega開発環境を作る
とゆうページが。。

ArduinoDiecimilaを使う とゆうページのコンテンツです。


このページのハードウエアを対応させるファイルを入れると、内蔵発振器を使ったATtiny用の書き込み用のファイルが作成できる模様。

記事内ではArduinoを使いATtinyへの書き込みの方法が書かれてますがつなぐのが面倒なので、ArduinoIDEの書き出すHexファイルからAtmelStudio6とAVRISPmk2を使いなんとか書き込めないかと、またWeb上を徘徊。。

AnArduino Writerとゆう、携帯から、Arduinoを書き換える記事を発見。。

Geekle BoardとゆうWikiのコンテンツです。


書きだされたHexファイルより、AtmelStudio6とAVRISPmk2を使い無事書き込み。

ArduinoIDEのサンプル、Fadeを書き込みましたが、指定したピン番号がデジタルアウトの9番ピン。出力されたのがATtiny2313の11番ピン。。

スケッチのピン指定を7としたところ、無事9番ピンのPWM出力に。。

で、つくったものがコレ。



tinyは電源とリセットのプルアップと7番ピンの出力のみ。
あとはシンクドライバのTD62083を使いLEDを光らせてます。

お化け屋敷用の、、です^^;


AtmelStudio6、フューズビットやロックビットの設定がGUIを使用し、項目選択型で私のような者でも、割りと簡単に設定、書き込みができてしまいます。
また、従来の開発環境をつかったことがないのですが、Atmelstudio6にはすでにCのコンパイラが標準で入ってます。


マイコン自体の価格が結構お値打ちなので、下手すると、汎用ロジックICを探して購入するよりも時間とお金を節約できるかも?とゆうのもあります。
用途にもよりますが。。

ArduinoIDEの吐き出すHexファイルのサイズが大きめなので、Cかアセンブラが使用できれば、同じことをもっと小さなフラッシュメモリの容量でできるのだろうと思います。

とりあえず、AVRマイコンで、マイコンの基本を覚えようと思います。。

スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ATtiny2313テストボード

ATtiny2313テストボード
ユニバーサルで作る

綺麗ですね
凄いパワーを感じます

今昼間凄く暑くて、机に向かって脳で考えているだけで、
何も結果が出てません

夜も寝ることに命をかけている感じ
危険な気温ですががんばって楽しんでください

私も何かしないとと刺激を受けました
感謝

Re: ATtiny2313テストボード

書き込み有難うございます。

今年の夏は特に日本中で危険な暑さなので、お気をつけ下さい。。


ワンチップマイコンに大した外付け部品を取り付けなくても動くのは超お手軽になったものです。
妄想を具体的にするには結構たいへんですよね^^;
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ