EtherCATとはなんぞや??

すげーな、産業用。。で取り上げさせていただいた産業用のACサーボモーターアンプ(ドライバ)、EtherCATなるインターフェース。。

検索してみると。。

http://www.ethercat.org/jp.htm

リアルタイムEtherNETなんだそうだ。

アルテラ、ライセンス費用が不要な検証済み EtherCAT プロトコル IP を提供

と云う記事も。。


超高速データ処理にはやはりFPGA等のハードウエアロジックなのでしょうかね。。

多少興味があるので、テキストのたぐいを漁ってみますかね。


産業用超高速生産機とかにも使われているみたいです。
もう、産業機械の世界はしばらく前にTVで盛んに放送されていたように、とんでもないスピードでの計測制御。。

加工できるようになれば次にくるのはスピード。

並列的に加工機を並べるほうが簡単に生産能力を上げられますが、個々の生産速度を上げることも大事。
自作CNCでも時間の掛かる加工は、、、。。

Reprap等押し出し式の3Dプリンタなどそこそこの大きさのものを出力しようとすると時間単位の加工時間がかかるようですし。。。

物理的な問題がなければ、電気的な部分での高速化は比較的投資額が少なく効率を上げる事ができるとおもうのですけど。どうなんでしょ?
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ