スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作CNCの正確さと精度

BuildYourOwnCNCMachinetとゆう洋書にほぼ沿って作成したCNCですが、寸法に対する正確さは案外アバウトでしたが繰り返し同じ位置に来るとゆうことに関しては期待以上でした。

Wikiにある正確度 vs 精度 - 的(まと)の例えの定義でいくと高精度だが低正確度とゆうことになります。

使用したのが1mの寸切ネジだとゆうことでいたしかたない部分ではありますが、各軸全幅を使用しての加工では寸法精度はあまりよくありません。(とはいえども、手で加工することを考えればかなりの精度だと思います。)


大きなものを高正確高精度で加工するにはリニやエンコーダーや寸法精度の高い送りネジなどをつかってクローズドループ制御をしなければ難しいのかもしれません。

が、手間暇惜しまないとゆうのであれば加工→調整(GコードやGコードにする図面)→加工→調整を繰り返し寸法精度の高い加工物を作ることはできるかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。