久々に加工をしてみる。

実験のため、単軸のテーブルが欲しかったので、加工。

まず、図面を書きます。
元図面は、公開してあるCNCフレームのPDFの元データ。
加工して、DXFに変換、Cut2Dにて読込。

各種設定を入力し、Gコードを出力。



動画はNCVCにて、Gコードを読み込みシュミレーションしてます。

ヘリカル切削ではなく、ランプ(傾斜)による送りもあるので、とんでもないGコードの行数です。


で、加工。



音量に気をつけて再生してください。

本来ドリルで開けたほうが効率的な穴をエンドミルを使って開けているので、かなり細かな動きをしてます。。


kakou21.jpg

で、機械での加工終了。。
切削したところの毛羽たちが多いのは、金工用のエンドミルを使用したため。
刃のねじれが強いため表面に持ち上がる力が掛かるために、材木の繊維がめくれ上がるかっこうに。。

金工でゆう、切粉?ですが、刃物が切れるような送りだと、粉ではなく、画像のように粒状に。


テーブルには直接木ビスにて固定。木製CNCの必殺技?です。

画像をよく見ると、タブがついてます。
Cut2Dの便利なところ、加工終了しても、完全に切り離さないように、タブを取り付けることができます。

とても重宝している機能です。。


kakou22.jpg

軽くサンドペーパーを当てたり、刃物で撫でると、毛羽立ちは取れます。
タブも、のこぎりで切ってノミや小刀で軽く切り落とせる大きさに設定してあります。。

kakou23.jpg

で、仮組み。。
とりあえず、今日のところはここまで。




CNCマシン、調整の具合にもよりますし、加工方法加工手順によって、できてくる品物の寸法精度その他もろもろ変わってきます。

「こんな場合は、こうすると良い」とゆうのもありますが、機械の癖によりまちまちな部分もあります。

CNCマシンは機械なので、寸法精度のでない段取りで、同じように加工をすると、同じように寸法精度がでません。。ゴミが増えます。。

ここがCNCマシンの怖いところ。。。



スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ