スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッピングモーターの負荷

試しで作った洋書BuildYourOwnCNCMachineの作例のCNCルーターですが、ちゃんと作るとステッピングモーターに掛かる負荷(送りねじを回転させるトルク)はかなり軽いです。

洋書の作例で使用されているステッピングモータは私の使ったミネベア製のステッピングモータより長い物。

また、ステッピングモータの駆動方式は洋書ではトルクの出しやすいバイポーラ駆動、
実際私が使ったのはユニポーラ駆動のドライバ。。

送りネジのピッチはほぼ同じで2mm。

使った送りネジはピッチ2mmを確保したかったのでどこでも手に入りそうな寸切ねじのM16。

送りネジを指で軽く回せるくらいにスライドレール、送りナットの位置、角度を調整。

秋月電子販売のミネベアのステッピングモータ、カタログには型番のない物で正確なトルクと回転数のグラフがないので、数値でのトルクはよくわかりません。

いちいちバネばかりとかでステッピングモータが何Kgfmmで脱調をするかを計測するのも面倒なので指先の感覚にて計測。

なので、どれくらいの大きさのステッピングモータだと、どの程度のCNCマシンが動かせるか?なんてわかりません。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。