インパクトドライバ日立工機WH12VEを買う。

木製自作CNCとは余り関係ありませんが、日立工機のインパクトドライバWH12VEを購入いたしました。

インパクトドライバは100V、充電式双方ともかなり前から使っており便利に使っております。

今回購入したのは100Vのブラシレスモーターを搭載した物。
他所で使わせて頂き好印象だったので購入に至りました。。

充電式インパクトドライバは普通のブラシ付きモーターからブラシレスモーターに変わった時に更新をしてますが、今回購入した100Vの物は電子制御の具合がよく、ネジからビットが外れにくく、打ちやすく、また、インパクトの振動の具合も手首にやさしいのに、ビスがよく入る印象。。

これまでの100Vのインパクトドライバはスイッチの具合か、電子制御が入ってないためかスイッチを押すと唐突に回る感じでしたが、WH12VEは回転初期に唐突に回ることがなく、扱いやすいです。

どーやって制御しているのかとても興味の湧く所ですが、多分分解しても制御回路部分は最近の電動工具の類と同じように、樹脂で固められているのでは?と。。

金物屋やホームセンターに行けば結構な種類のインパクトドライバーが売ってますが、どんどん強力なトルクとなり扱いづらくなってきた所に、上手な電子制御での扱いやすさ。。

インパクトドライバーは日立工機製の物が、ドライバ自体のバランス、スイッチの具合、バッテリの持ち等々、、好みです。。

木工加工では、ハンディタイプの電動工具をよく使います。
よくよく考えるとほとんど刃物がついたモーターを直接持って加工をしてることになりますね。

刃物の切れ具合、材料に触れる瞬間、送っている時、、、材料自体が微妙に一定ではないので、色々なことを感じ取りながらの加工。
手道具でもそうですが、電動工具でも「切れ」を体感できます。

自動送りなCNCマシンとは真逆な事ですが、感触や具合のフィードバックができるようになると面白いですね。

産業用のCNCマシン、そのへんの所はどーなんですかね??????




ところ、で、医療で使われる手術用のマニピュレーターとかの制御ってどーやって行なっているのでしょうか?
やっぱり、最終的なチューニングは人間の感覚に近い所に持って行っているんでしょうね。。








スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ