え?なに??無線?!

以前取り上げさせて頂いたmultiplePandaさんがブログをアップデートされてます。

とりあえず、CNCマシンのシステムは完成されたようなので次回のアップデートは切削加工かな?なんて思ってましたが、なんと!BlueToothでの無線通信でのCNCマシンの駆動!!

ArduinoをしようしているGrblならではの、ですね。

Reprapとかは出力時間が長いので、GコードをSDカードに移し、スタンドアローンでの出力ができるようですが、2D切削程度のCNCマシンだと、加工時間はReprapの出力時間に比べればとても短時間。。

SDカードにデータを移すよりも、お手軽にBlueToothで、のほうが実用的だと思います。。

Arduinoとドライバ基板への接続も、ジャンパ線(で、いいの?)とブレッドボードを利用して綺麗に配線されてます。。
信号線はさて置いて、電源周りだけでも、圧着端子と端子台を使っていただきたいT.T。。


案外、ドライバ基板との接続線の本数も少ないです。。


記事内で、Grblを信用云々とありますが、パルスを見た感じは大丈夫そうですよ?
実際の所、きちんと作動しているかどうかの検証はカウンターつけてやってみないと、ですけどね。。


日本の住宅事情では、切削系のCNCマシン、結構な騒音となるので普通な住宅だと、使用が難しいのかもしれませんね。。



ところ、で、multiplePandaさん?TB6560の放熱板は??
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

放熱板…失念していました…
焼けるまえにつけときます(;^ω^)

さすがにジャンパワイヤでは見苦しいので
なんとかしたいと考えています…

信用云々は通信が途切れたりとか
そういうこともあるのかなという意味です。
今後試していきたいと思ってます。

Re: No title

書き込み有難う御座います。

^^
色々と検証宜しくお願い致します。

無線通信は日本の住宅事情上便利なのかな?とも思います。
切削系の機械は割と音が出るので休みの日や昼間に宅外での加工。PCは宅内orノート等。。
案外利用する方もいるかもと思われます。

がんばってくださいね。。
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ