スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッピングモータードライバIC1

自作したCNCマシンでは安く入手できたミネベア製の23KM-K112を使用しています。
ユニポーラ配線のステッピングモーターです。
なので、使用しているドライバICはユニポーラ配線用、モーターの定格電流が3Aなのでサンケン電気製のSLA7078MPRが載ったSEC_SUZUKI社製の2相ドライバキットを使ってます。

当初、あまり考えずステッピングモーターの定格いっぱいの出力ができるドライバを探して購入してしまいましたが、実際に使ってみて用途的にぴったりで結構優れたICです。

海外では、入手しづらいようです。
とある海外サイトで入手に苦労したようなことが書いてありました。

なにもこのドライバで不満はなかったのですが、バイポーラ配線とユニポーラ配線は何が違うのか?とゆうことを体感したかったのでA4983を使ってみました。

また、最近の中華製のステッピングモータードライバによく使われているTB6560AHQ2相バイポーラ配線や、
カタログには載っているが市場に出回っていないSANYOの2相バイポーラ3A定格なICとか、
使ってみたい外付け部品が少ないドライバICがあります。

定格3A/相以上のドライバICの場合、オールインワンタイプドライバICは見当たりません。あるかもしれませんが。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。