スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FPGAでステッピングモータを回してみる とゆう記事。

Himawariさんが、FPGAで遊んでみると云う記事を書かれています。

その連載第12回 FPGAでステッピングモータを回してみるにて、詳細に解説されています。。




組み込み系マイコンもおぼつかない、Arduinoでさえ、、、の私が見てこの連載、かなり解りやすいのでは??と思います。
多分、今後の小型、自作系CNCマシンのコントロールにも、高速ロジックなFPGAやCPLDが必要となってくることはわたしにも、容易に想像できます。。

各種センサの高速化、データの大容量化が進む中、計測制御はどんどん高速に。。産業用の物なんかは、多分すでに、、。。


マイコン、FPGAの使い方の習得、、、、本意とはどんどんかけ離れた方向に行ってしまいますが、今覚えておいたほうが良いような気がしてなりません。。



スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。