スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型のCNCマシン、いろいろありますが。。

安価に購入できる小型/自作系のCNCマシン、中華製も含めて色々ありますが、何を切削するか?によって、どれを選ぶか変わってきます。
どのようなものを切削するかによって、刃物の径、刃物の回転数、刃物の送り速度は極端に変化します。
この設定により、被加工物の仕上げ具合、出来た品物の寸法精度、刃物の持ち、が相当変わります。

私が図面を公開しているものは基本、木工加工用のCNCルーターで、想定切削物は材木。
作り方、調整似もよりますが、ソコソコの部品を使い、木工加工では結構な加工精度と程々の加工スピードを確保できます。

が、これが高精細な基板切削になると、多分役に立たないと思います。
もし、基板切削用のマシンを作るなら、鉄のアングルやCチャン(アルミはあまり使わない)を利用すると思いますし。


また、当たり前ですが、アルミ切削となると、とたんに能力が落ちます。。
加工精度も、ダダ下がりになることは目に見えてます。。

樹脂切削になれば、スピンドルの回転数を相当低くしなければなりません。




使い方、調整の仕方によって、加工能力、加工精度に差がでるので、製品として安価に市販されている小型のCNCマシンのカタログとかには、加工能力とかの載せると保証しなければなくなる記載はありません。

また、送り分解能は書いてありますが、厳密な加工精度もありません。

その辺の保証がないので、安く提供出来るのだと思います。。


よく、小型のCNCマシンのデモ動画で、小径の刃物(2mm?3mm?)を使って結構な送り速度で材木を切削する動画を上げているものがありますが、小径の刃物での、材木の切削は極端に切削抵抗がないので、あまり参考になりませぬ。。

逆に言えば、その程度のフレーム剛性しかない事を、、、、、。。。。。。。


小型のCNCマシンが安価に購入出来るようになりましたが、思ったような加工ができるかどうかは???です。
選定には、十分お気をつけください。。。




結局のところ工作機械以外のなにものでもないのですから。





スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。