スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーブルキャリアを木製CNCで自作する動画。



上手に作られてますね。

とゆうか、動画内の画像、SketchUcam?!

SketchUpでのCNCマシンgocode生成スクリプトだそうです。
とゆうことは、スケッチアップから、ダイレクトにGコードを生成できるってことなのかしらん??

動画のケーブルキャリアーとCNCマシンもさることながら、スケッチUcam、、、、むむむ、、時代は進んでますね。。


色々なドライバ、ステッピングモーターを試しているのでMach3を使ったりしてますがCNCマシンの設定さえきまってしまえばLinuxCNCのほうが融通が効きそうな気がします。。
そもそも、LinuxCNC自体が多種多様なモーションコントロールが可能なのがとても魅力的で、フライス型CNCマシンだけでなく、専用の加工機を作成した場合、専用加工機専用のモーションモデルを構築し制御できるので。。

LinuxCNCの難となるのはやはり、USBに対応していないことだと思いますが、そもそも、ノートタイプのPCでのCNCマシンのコントロールは???だと思うのですが。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。