スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ArduinoでGrblを使用した日本語の解説。

手前味噌な部分が多いにあります、が、、、、。。。




かなーり前にアカウントをとったまま放っておいたTwitterのアカウント。。
何を思ったかログインしてみると、、




とゆう書き込み。。

木製CNCを自作されているようでmultiplepandaさんを死にたい気持ちにさせてしまったのは私のせい?!?!とか思ったり思わなかったり^^;

その後のやりとりで、TB6560ステッピングモータードライバキットを提供させていただく事になりました。

multipleろぼっと

ArduinoをCNCコントローラー(パルス発生器&Gコードプレーヤー)化するソフトウエア、Grblのインストールと初期設定までの記事を書かれています。

それと、ステッピングモーター作動の動画も。。




CNCマシンをコントロールする方法はいろいろあるので、私一人では全てを試すことは出来ないので私と違ったコントローラーを用いての記事、大変有難いです。

また、フレームにShapeOkoでCNCマシンを構築されているTTさんのブログでは、Reprap系のファームウエア使用してCNCコントローラーを構築されています。






multiplepandaさんの記事にはとても期待しております。
ので、切削加工まで、頑張ってください!!!!!!!!







multiplepandaさんにはCNCのブログを書くことと、TB6560ドライバ基板の評価を提供の条件とさせていただいただけなのに、でかでかとPR、、、裏目にでなきゃいいけど。。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさかtwitterをされてるとは思いませんでした(;^ω^)
よくCNC関連でtwitter検索するので、ついフォローしちゃいました!

死にたいはギャグなのでお気になさらずに…
自分の不甲斐なさに相当へこみましたけどね(笑)

期待にそえるよう頑張ります!!
(ICの評価方法についてはあまり詳しくないので大目に見てやってください…)

Re: No title

> まさかtwitterをされてるとは思いませんでした(;^ω^)
> よくCNC関連でtwitter検索するので、ついフォローしちゃいました!

Twitterのサービス初期に登録し、そのまま放置状態でしたからねぇ。。
最近、インフラとして安定してきた感がありますね。


> 期待にそえるよう頑張ります!!
> (ICの評価方法についてはあまり詳しくないので大目に見てやってください…)

評価はマニュアル、作りやすさ等ですよぅ。。
キット自体はほぼ素子そのままですから^^;

お教えください・・

すみません、教えてください。このページから始まり、一念発起してCNCつくってみようとしてGrbl入れて動作まで来たのですが、モータが脱調して動きません。単純にモータのスピードを抑えればよいのだと思うのですがGrbleのSettingではSetp pulse usec 以外にこれらしきところがありません。一応応急処置的にAccelerationも0.4まで落としたのですが、多少改善されるものの、高速になってくると脱調始めますので根本的な解決になってません。
Gablで回転スピードを下げて脱調を抑えるにはどうすればよいのでしょうか?
モータは12V定格 Harf Stepで動かしてます。

Re: お教えください・・

書き込み有り難うございます。

使用しているステッピングモーター、ドライバIC等の情報が有りませんので妄想での返信になりますがご容赦ください。


GRBLの設定。

GRBL側に最大速度の設定があるはずです。


https://github.com/grbl/grbl/wiki/Configuring-Grbl-v0.9 を参考に、

$110=635.000 (x max rate, mm/min)
$111=635.000 (y max rate, mm/min)
$112=635.000 (z max rate, mm/min)

のところです。

この設定はどのNCコントローラーを使ってもあるはずです。


ステッピングモータードライバの設定。

使用するドライバIC、掛けてる電圧、設定した最大モーター電流等に回転数は依存します。

私がアホみたいに無負荷のステッピングモーターを回してますが、負荷が無い状態での回転ですので、実際の脱調しない実用回転数はかなり低いです。

ご存知のようにステッピングモーター、とゆうかモーター全般に言えることだと思いますがおおまかにモーターにかかる電流がトルク、電圧が回転数となります。
回転が上がれば、モーターコイルにかかる電流量が減少し、ソレを高い電圧で押し込んでるってゆうイメージを私は持っています。

必要常用回転数がどれくらいのフレームを想定してNCを作成されているか解りませんが、ステッピングモーターを使用するNCで、脱調域ギリギリでの運用はおすすめしません。


ではでは。

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。