スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源のテストの仕方  テキサス・インスツルメンツ



テキサス・インスツルメンツが公開している動画です。

ステッピングモータードライバICを触っていると、電源がとても重要だと感じます。

電源だけは、ケチらず良い物を使用することをおすすめします。





テキサス・インスツルメンツのデータシートはその他半導メーカーのデータシートに比べて、簡潔に書いてありとても読みやすいです。

企業規模がでかいからなのか判りませんが、各種アプリケーションノートも興味深い内容のものが多いです。

ヘタすると、専門用語がいっぱいの日本語のデーターシートよりも、より直接的な記述の英語のデータシートの方が理解しやすかったりするのは、わたしだけではないはず。。。。。。。。。。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

特にパワー系の試作や実験には、電流制限をかけられるCVCC機能がある実験用電源が重宝しますね。自分は自作したものを使っていますが、とても便利で手放せません。
これを作っている時、定電流動作をさせると発振したりして、そのときは適当になんとか抑えましたが。電源はちゃんと作ろうとすると奥が深いことを知りました。FRAは作ってみたいものの一つです。動画は安定性の評価など判りやすいですね。

Re: No title


書き込み有難うございます。


モータードライバICを使っているだけですが、このモータードライブってゆうパワー系は結構回すだけで、大きな電流が流れてそれ自体が電源電圧の変動を産み出してしまう困ったものだとゆうのが、このような工作をしてみて見にしみます。。
大本の電源自体の安定性がないと、それにぶら下がる回路自体も不安定になってしまいます。

実験用電源や実際に運用するための電源、、、。。
実際に自作しようとすると、すごく奥が深くハマってしまいそうで手が出ない分野の一つです^^;

電源の評価の仕方とかも、どれをどーやってなんてさっぱりわからないのでこのようなテキサスインスツルメンツの動画やアプリケーションノートの類はとてもありがたく見させて頂いております。

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。