作れちゃうんですね。Hexpod



LinuxCNCにて制御だそうです。
このようなマシン、高速作動になればなるほど、フレーム剛性が必要になってくるので、このような鉄骨造になるのですね。

既に産業用の機械でアーム?とゆうのか中心部のツールをつかむ所をブンブン振り回している機械がありますが、結構な重量物がものすごいスピードで動いているので、ちょっぴり怖いです。

よっぽど用途を考えないと、大きな躯体で、小さなものしか加工できなくって、、、どうなの??となりやすそう。。

また、各部の調整とかが頻繁になるかもしれないとも思います。

ある意味、無理掛かりすぎでは??
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ