スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電流検出抵抗を揃える

teikouu.jpg

秋月電子より販売されているLCRメータDE-5000を購入したのでステッピングモータードライバ用の小さな抵抗値の電流検出抵抗の抵抗値を揃えています。

バイポーラステッピングモータドライバICは各相にひとつづつ、Hブリッジがあり定電流制御の為に各Hブリッジごとに電流検出抵抗があります。
この電流検出抵抗の抵抗値の差が大きいと、各相に流れる電流の量が変わってきてしまいゴリゴリとヘンテコな回り方をしてしまいます。

また、2つある相の釣り合いによって作り出されるハーフステップ、マイクロステップの角度精度も、、、。

せっかく、細かい分解能で抵抗値が計測出来る計測器があるので、各相の電流検出抵抗の抵抗値を極力合わせます。。

このLCRメータDE-5000が正確かどうかは私には解りませんが、部品の数値を揃える、とゆうことはできます。

同時間に、ほぼ同条件にて計測をすれば、、、、、。。。


もちろん、ステッピングモーター自体の各相の抵抗値、インダクタンスが、そんなに大きく違わないことが前提です。
ですので、できるだけ国産、もしくは国内メーカー製のものが望ましいです。。


CNCルーターのフレームもそうですが、同じように動く物が2つ以上ある場合はなるべく均質にしたほうが、スムーズに動かすことができます。

結構手間ですが、できるだけ信頼性の高いモーションコントロールがしたいので^^;

スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。