スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCを使用してCNCマシンのコントロールする手段がいくつもあって、、

PCを使用してのCNCマシンのコントロール方法がいくつもあってどの方法が良いのか一つに絞りきれません。。。

現在メインで使っている木製CNCルーターは、コントロールソフトウエアにMach3、パルスジェネレーターと入出力はPCのパラレル・ポート、パラレル・ポートからSEC製のCNCインターフェース用基板、同じくSEC製のSLA7078を使用した2相ドライバキット、Estop、リミットスイッチ、スピンドルのリレー、を使用しています。

この構成で、とても安定して使用できているので問題ないように思いますが、このブログで公開図面を公開しているCNCルーターと、まだ試作しているベルトドライブのCNCルーターには、専用のコントローラーがありません。。。
仮設として、LinuxCNCを使いプリンタポートの出力をバッファICを通しただけのものをSEC製の2相ドライバに繋いでテストしています。

LinuxCNCはリアルタイム性に重きを置いているのでUSBをサポートしてないし、Grblはエンコーダーをサポートしてなさそう。。




一長一短です。。




スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。