スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ArduinoをCNCコントローラーにするGrblについてちょっと書いてみる。

Make:の2010/06/14の記事、Grbl, an Arduino-based g-code interpreter

もう一つ、Make;の2011/03/01の記事Announcing The GrblShield

ShapeOkoのような小さなCNCフライス?に使用されているGrbl、基本的にはArduinoをGコードプレーヤーにするプログラムなので、Arduinoでフライス型CNCマシンを構築するのにGrblシールドのような専用基板は絶対必要ではないようです。

ArduinoをCNCマシン化するには、Arduinoの他、Grblのソフトウエア、それと、ステッピングモーターと、ステッピングモータードライバがあれば、出来てしまうみたいですね。

ただ、専用基板化されているもの、Grblシールドとかは、ステッピングモータードライバ基板との配線をしなくて済むのでお手軽だと思います。



と!ゆうこと、は!!
大きめのフライス型CNCマシンを構築して、大きめのステッピングモーター&ドライバを使用しても、ArduinoとGrblで制御できるのでは??

GrblシールドやReprapとかで使用されているモータードライバIC、Mach3やLinuxCNCで使用するStep/Dirで駆動する物ばかり。。


Reprapとかでも、コントロール部分は専用基板化されてますが、基本的にはArduinoMegaとかを利用しているものが多いので、、、、樹脂吐出用のヘッドのヒーターと温度センサ部分を別体とすれば、ステッピングモータードライバが選び放題に。。

ReprapやGrblはコスト重視で、結構ステッピングモータードライバICを定格温度目一杯にして使用しててちょっとアブナイように感じてしまいます。。海外でも、結構燃やしたって書き込みを見ますし。。


Arduinoを使ったCNCマシンでは、その運用時のソフトウエアも、オープンソースで、環境を構築するコストはとても低く押さえられる反面、Mach3やLinuxCNCを使うより運用時は手間がかかるようです。。


追記。

ArduinoのみでGrblを使用して、CNCコントローラーとして使用できることを確認。Step/Dirなインターフェースのドライバを使用すれば制御可能。。



スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

既にあったのですね・・・

spinelifyです。こんばんは。

Grbl・・・。ArduinoでGコード処理させるプログラムが既にあったのですね。知りませんでした。作っていた私は一体・・・。
 しかし、配布が.hex形式だと手が出せませんね・・・。ソースコード見てみたいと率直に思います。
 私は英語苦手なので、こういう情報は本当に参考になります。

Re: 既にあったのですね・・・

こんばんは。

Reprap系の制御ソフトもGコードで動いているみたいです。
このブログのリンク内にあるBUILDING CNC MACHINEさんは、Reprap系のGコードインタプリタでShapeOkoを動かしてらっしゃいます。

私自身がArduinoを使用して稼働させてるわけではないので作動確認はしてませんが、多分ちゃんと動くのではないかと。。

Reprap系のFirmwareであれば、ソースコードを見ることが出来ると思います。と、ゆうか、駆動に関する各種設定数値を書き込まなければならなかったはず、です。。

https://github.com/grbl/grbl
にあるのがソースだと思いますが。。

No title

spinelifyです。こんばんは、忙しくてコメント遅くなりました。

 私は間違ったリンクを見ていたみたいですね^^; ご指摘の通り、確かにC言語で書かれたソースコードがありました。
 ソースコード見てみましたがすごすぎて分からないです。Gコード、Mコード、その他いくつも処理してますね。このぐらいのプログラミング出来るようになりたいです。
 
> Reprap系の制御ソフトもGコードで動いているみたいです。
>このブログのリンク内にあるBUILDING CNC MACHINEさんは、Reprap系のGコード>インタプリタでShapeOkoを動かしてらっしゃいます。

私の知人が買った3DにもArduinoが使われていると聞きました。最近多いみたいですね。

Re: No title

こんばんは。

>  ソースコード見てみましたがすごすぎて分からないです。Gコード、Mコード、その他いくつも処理してますね。このぐらいのプログラミング出来るようになりたいです。

私はマイコン系のプログラムに疎いのでさっぱりですが、相当高度な事をしているようですね。
たかが数百円のAVRマイコンですが、侮れませんね。

もっと作動速度の速いARM系のマイコンなんかだともっと高度なことができるのでしょうか??

G-code sender Grbl Controller

こんにちは
ときどき参考にさせて頂いてます。
Grblについて
shapeokoのCNCからいろいろたどって行きました。
ソフト
http://www.shapeoko.com/wiki/index.php/Communication_/_Control
ハードは現在はArduino基板に載せたGrbl です。
自分の基板に合わせてI/Oピンの割付を変更しました。
パソコン側の制御ソフトは下記を使用
G-code sender Grbl Controller
基板は自作のSLA707#x3です。
動作確認できました。
Mach3のパラレルポート、他のUSB-CNCの高価な基板の”しばり”から解き放たれました。
すべて外国の人のフリーソース、フリーソフトですが感謝して使わせていただきます。
CNC,3Dプリンターの新しい時代だと思います。(自我自賛 (^^);)
資料は整理できたらホームページにアップします。
今後ともよろしくお願いします。
puw2加藤
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。