スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raspberry pi でLinuxCNC

必ずやる人がいると思ってました。。



Raspberry piにはパラレルポートはないのでGPIOを利用してるんだと思いますが、I2C接続の16bit I/Oポートエキスパンダ IC、MPC23017を利用してモーターコントロール信号を赤い中華製TB6560へ。。
LinuxCNCのサポートフォーラム、ラズベリーパイで実行されているEMC2?にて議論されます。。
USBではなく、GPIOを利用しているのでリアルタイムな問題もないのでしょうか??



この動画はGPIOを使ってSpakfunEasyDriver Stepper Motor Driverを使ってのステッピングモーターの駆動。
EasyDriverは、AllegroMicroSystems社製のA3967バイポーラステッピングモータードライバICを使用した基板。
日本国内でも、スイッチサイエンスさんが取り扱っているようです。


スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。