PololuのA4988チップステッパーモーターとArduinoを使用して接続する方法

PololuのA4988チップステッパーモーターとArduinoを使用して接続する方法



だそうです。

Arduinoで、LEDを点滅させるようにStep入力端子にdigitalWriteでHigh,Lowさせれば、設定した1励磁分ステップをすすめることができると思います。

これは、Step/Dir入力方式のステッピングモータードライバであれば、Arduinoで動くとゆうこと。
と、ゆうか、どんなマイクロコントローラーを使っても、動かすことができると思います。


下の動画ではMacを使いFT232RLのBitBangmodeを使いLEDを点滅させてますが、何らかの方法で信号を送ることが出来れば、ステッピングモータードライバICを使いステッピングモーターを駆動させることが可能だと思います。





実験してませんが励磁を進めるだけなら、電源とスイッチだけでもできるのかもしれません。。
ポチポチと。。

スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ