スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DER EE DE-5000 LCRメーター  買っちゃった。。

ポリプロピレンコンデンサ 1000PFの比較ポリプロピレンコンデンサ 2.2uFの比較分解している動画もあります凄くうるさい動画ですが内部が良く解ります4端子測定です性能もまあまあです...
DER EE DE-5000 LCRメーター




DE-5000.jpg


ひ、ひ、必要になってしまったので、、かかかか、買ってしまいました、、、。。

シロートからすれば、超高精度な測定ができて勿体無い気もしますが、絶対的でなくとも相対的にでも、使う部品が測定できるのは、大事なことだと思ったので。。

デジタル系の回路でも、結局のとろこセンサをつけたり、モーターを回したりってところはアナログ系ですので、詳細な抵抗値や、静電容量の計測が重要なのでは?と。。


スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

0.16Ω

矢張り手に入れましたですね

20万円のLCRメーターと比較しても遜色ないですね
殆ど無問題で利用できますね
周波数も変化可能だし
此の手の物の中では最安値ですね

v-28

Re: 0.16Ω

こんばんは。

あまり分解能の高すぎる物を持ってしまうと、手持ちの抵抗やコンデンサを片っ端から測りたくなる衝動に駆られてしまいます。。^^;

正確度が必要な部品、必要でない部品、、、見極めが必要ですね。

電気を触っていて思うのですが、精度の必要なところとそうでない所、押さえなければならない重要な所。。

NCマシンのフレーム作成、その他の物を作る時でも、同じような感覚です。

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。