スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなステッピングモーターなら、、。



Arduinoで小さなステッピングモーターを回してますね。

これくら小さなユニポーラタイプのステッピングモーターをゆっくり回すのには、ステッピングモータードライバICまで必要でなく、シンクタイプのダーリントントランジスタアレイで回るのですね。。

ユニポーラステッピングモータの回路 ArduinoのReferenceより。。

この動画では、アナログジョイスティックにて、操作してますな。


バイポーラ·ステッパ·モータ用回路  ArduinoのReferenceより。。
バイポーラタイプのモーターを駆動させるにはやはり、Hブリッジを使用してますね。

ユニポーラタイプの駆動方式では、モーター自体のコイルを半分ずつしか使用しないけれど、回転方向を変えるのに反対側のコイルにスイッチを切り替えれば良いだけに対して、バイポーラタイプの駆動方式では、流れる電気のプラスとマイナスを入れ替えなければならなくなり、回路が複雑化します。



動画の元記事はArduinoのステップモータです。。




スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。