ホールセンサ(ホールラッチ)US1881を触ってみる。

リミットスイッチ/ホームスイッチには、マイクロスイッチを使用してましたが、加工時の振動により、勝手にオンになり、止まる事が多かったので必要時以外繋がなくなってました。

Reprapなどのエンドストップはフォトインタラプタを使用してますが、埃や切削屑が大量に出るので、そのクズにて誤動作しないか、また、定期的な清掃が必要になりそうなので躊躇してました。


ちょっと前に磁気式リニアエンコーダーICを触ってみて、磁気式なら掃除しなくても大丈夫なんじゃないか?と、勘違い?をし、実験をしてみることにしてみました。。

使用したのは毎度お世話になっている秋月電子で販売しているホールセンサーUS1881LUAです。
配線方法は商品ページの画像のVDDに+5V、GNDに0V、Outが出力で、VDDとOutの間に10KΩの抵抗を入れます。

使用した磁石は100均のダイソーで売っていたネオジム磁石φ6、厚み4mm位のもの。。


オシロスコープにて波形を見てみましたが綺麗な信号が出でます。

また、使用した磁石が強力なネオジム磁石だったせいか、10mm~12mm程度ホールセンサーから距離があっても反応します。。


しかし、このホールセンサ、ラッチ式なので信号オン・オフに磁石のN極とS極が必要。と、ゆうことは、スイッチとして使用するには磁石が2つ必要って事。。

このセンサのつなぎ方を調べてた時にbildr.blogA Strange Attraction. Various Hall Effect Sensorsとゆう記事を見つけました。

その中の動画です。



ホールセンサの動作も、スイッチのように作動するもの、今回のようにラッチとして作動するもの、そして、距離によりリニアに反応するもの。。
いろいろあるようです。

価格と入手性からすると、US1881ですが、望んでいる動作をするのはスイッチ的に作動するOH090Uです。。
OH090U、国内で、安価にあるのか???



木工加工機用のリミットスイッチ/ホームスイッチとしてはホールセンサはとても有効だと思いますが、鉄を加工するCNCマシンに取り付けるには対策が必要ですね。
あ、樹脂加工や、基板加工とかでも便利に使えるのかも。。

磁石と結構離れていても、センサーは磁力と強さで反応するので、取り付け精度とかを要求されずに、結構アバウトに使用できるかも。。

そのうち(いつになるかはわかんないけど)、ホルダーを作って実機にて検証してみたいと思ってます。。


12/16追記

OH090Uを入手。早速試してみる。
OH090_2.jpg

磁石が強力なので、10mm程度の距離でも反応。
かなり手前でも反応するので、フォトリフレクタや、マイクロスイッチを使ったリミットスイッチの取り付け方とは違う、ぶつかる方向でも、取り付け可能に。。

OH090_3.jpg

設定時間は1メモリ1μS。

リミットスイッチとして使うには問題ないと思います。

データシートから引用。
機械翻訳。

特徴:
•非接触スイッチング動作のために設計され
•電源電圧の広い範囲(4.5〜24V)にわたって動作
•過酷な環境での優れた温度安定性で動作
•7のTTL負荷を処理できる能力がドライブ

なのだそうで、結構頼もしいです。


問題は日本国内での入手性でしょうか。私の検索不足かも。。
Ardunoを使用した電子工作では、このホールスイッチセンサ、便利に使えると思うのですが。
簡易なドアの開閉とか、実際にスイッチを押すわけではないので取り付けも両面テープ程度で大丈夫に。。

国内のセンサーメーカーも、この手のホール効果を使用した磁気センサ素子を作っていると思うのですが、一般市場にはなさげなので、、、。私のような個人にも、サンプル請求をすれば送ってくれるのでしょうか???

できれば、国内メーカーのものを使いたいのだけれど、、、。。。




スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ