スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイポーラステッピングモータードライバの電流検出抵抗。

TB6560AHQをいろいろと触っていますが、電流検出抵抗が2つあります。


各相ひとつづつあるHブリッジの電流検出用です。

また、電流検出抵抗の値が0.16オームとかとっても小さい値です。



秋葉原とかなら、割りと簡単に見つかるのかもしれませんが地方都市在住の身としては、入手が難しいです。。

んで、小さい値の抵抗を並列に接続して合成抵抗にてお茶を濁そうと、一本づつ抵抗を計測してみると、結構抵抗値が違う、、、。。
それもそのはず、普通の炭素皮膜抵抗は+ー5%の誤差。テスターで測れる範囲内でも、結構違います。。

なんとかして、0.16Ωの抵抗を入手。
安いテスターでは、0.16Ωなんて小さい抵抗値は測れないので3.3Vの定電圧レギュレータを使い抵抗を追加して、一定の電流が流れるようにし、値の小さな電流検出抵抗を繋ぎ、計算にて抵抗値を算出しました。

まぁ、私の使っている安テスターでは、そんなに正確に測れるはずもないのですが、相対的には比較できます。
(計測した電圧が同じであれば、同じ抵抗値)


ステッピングモーターのドライバICは、各相の電流量の比率でマイクロステップステップを作り出しています。

その、電流量を決める電流検出抵抗がA相B相で違うのであれば、、、、スムーズに動かないし、マイクロステップもズレズレになるのでは??と。。


実際、以前に購入したセメント抵抗のついたTB6560とセメント抵抗を使用した中華3軸ドライバ基板では、3つのステッピングモーターは同じでも、モーターの回り方、回転音が明らかに違い、ひどいものになると、なんか、スムーズに回ってない、物も。。

確かにセメント抵抗を取り外して定電流にて電圧を計測してみると、抵抗値がバラバラ。
調子が悪いドライバ出力の所は特にA相B相の差が大きかったように記憶してます。


ユニポーラタイプのドライバ、SLA7078では、この電流検出抵抗はICの中にありますが、バイポーラタイプのドライバICは、外付けのタイプが多いです。


バイポーラドライバ自作時には、あまり気にしてませんでしたが、電流検出抵抗の抵抗値が小さいので配線の長さも、揃えたほうが良いのかもしれません。

せっかくの高分解能を持っていても、ズレズレでは、。。。



案外、電子部品には許容範囲がありますね。

絶対的な数値をとなると高精度で高価な計測器が必要となりますが、2相ステッピングモータードライバのように、2つの値が同じようにとゆう相対的なものであれば、安いテスターでも測ることができます。

極論を言うと、モータードライバのドライブ段のHブリッジのFETや、ステッピングモーターの各相の抵抗値、インダクタンスも揃えるべきなのでしょうが、そこまでは、、、できません。。



ステッピングモーターは国産品を使うとかなり揃ってますけど。。















スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

測定

こんにちは

LCRメータDE-5000と
LCRメーターLCR40では
抵抗測定で低抵抗測定レンジが大幅に異なります

ベンチタイプのデジボルでもv-61
低抵抗測定が可能です
DC測定ですが4線式は高精度計測しますv-28

http://blog-imgs-34.fc2.com/s/e/c/secsuzuki/LL-DSCN1444s.jpg

Re: 測定

こんにちは。

電気は目に見えませんから、計測器がとても重要ですね。

LCRメータDE-5000は、4線ケルビン接続計測と書かれているので超格安なのはわかってるのですが、、。



画像の計測器、、、すごいですね。。
すべて100mVを計測してるのでしょうか??

4端子測定可能なテスター

此処に説明していますが
http://secsuzuki.blog19.fc2.com/blog-entry-1572.html

標準信号発生器にて出している信号を
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=3&cad=rja&ved=0CEgQFjAC&url=http%3A%2F%2Fwww.yokogawa.com%2Fjp-ymi%2Fgmi%2Fpdf%2Fcatalog%2FCA100-150-71.pdf&ei=tsTCUJmaO8rwmAW5-YCIAQ&usg=AFQjCNGFLYN61MKSJoKvZ47XaqGB6P3m1A&sig2=4w5gLPXMjnP7jpcuPXL0Hw

各デジタルテスターにて計測しています

一番上は友人からのもらい物v-70それなりの特性
2番目は私が独立した時に購入した物v-16可成りずれています
3番目は大分前に購入した物 HPに成っていますv-8此を基準にしています
4番が此のブログテーマのジャン測ですv-12その後校正して頂きました

Re: 4端子測定可能なテスター

おお、プロの道具ですね!!

こうゆうのを見ると、正確度は別にしてDE-5000なんて、安いもの、ですね。。



ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。