スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これこれ!これ欲しいよぅ。

ファンクションジェネレータキット<miniDDSkit>

毎度の秋月電子さんです。
どーして、欲しくなるようなものを、、、物欲に走っちゃいたい気分。。


サーボモータ制御信号生成機能付き

この機能がよさげ。


現状、ステッピングモータードライバの駆動テストに使用するパルスはパラレルポートの付いているPCのLinuxCNCからの信号を使用してます。

こうゆうのがあると、いちいちPCを立ち上げなくてもよいんじゃないかと、、、、。。



出力されるパルスの正確さは測ってみないとわからないけれど、電気に関してはアマチュアなので、とりあえず測れる、出力できる計測器が、安価で提供されているとゆうのは、とても有り難いことです。


12/4 追記。
物欲に走っちゃった。。

minidds.jpg

ほぼスイッチの取り付け?

キットにACアダプターが付属してました、、。あぁ、、余分に買っちゃったよ。。

完成。
miniddsk.jpg

オシロでこんな感じ。

miniddso.jpg

オシロ自体が正しいか?わからんけれども、とりあえず、任意の周波数が出せる機材を入手。
英語のマニュアル読んで、操作をマスターしないと。。

フォトカプラや、その他アイソレーターの評価にはこんな感じの機材が必要なんじゃないかなぁ。。

12/5追記。
メーカーであるJYE Techが上げている動画です。





ファームウエアとかも公開されているので、今後アップデートされるかもしれません。

詳細な性能はminiDDS DIY Kit (Paneled)にあります。




パルス幅変調の動画ですが、LEDを使ってこのようなこともできるのですね。



じつは、このキットを使ってしてみたかったことは、
6n137.jpg

です。

以前に買った赤い中華NC基板から取り外したEverlight社製の6N137とゆう高速フォトカプラのテスト。。

上の波形がフォトカプラの出力、下の波形が今回買ったファンクションジェネレーターの信号。

オシロスコープの時間軸をナノ単位にしていくと微妙にずれているような感じですが、ほぼ、大丈夫な様子。

LOGIC GATE PHOTOCOUPLERとゆうことで、サイン波とかも、エッジは鈍るものの2階調化され、デジタル信号に。。



手持ちのPC817も、テストしてみようかしら。。


12/6 追記

6N137_74HC14.jpg

フォトカプラ6N137の出力に、シュミットトリガインバータの74HC14を取り付け、計測。

電圧の低い方がファンクションジェネレーターの出力信号。
んで、波形の高いほうがフォトカプラとシュミットトリガインバータを通った信号。

信号のズレ(遅延?)はどこを基準にとるかよく判りませんが、50nS程。

この程度の信号のズレは許容範囲??判断しかねまする。。

立ち下がりエッジはもうちょっと遅延があります。70nS程度。

制御する軸が各軸とも同じだけ遅延するようであれば、問題はあまり無いように思うのですが、、どうでしょう?




ちなみに波形は矩形波の100kHz。このファンクションジェネレーターのカタログスペックを超えた周波数を出しています。立ち上がりエッジは安定してますが立下りエッジが不安定です。。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

物欲??

こんにちは

大変良い物を手に入れましたねv-8
自作する時間を考えると今は良い物が安く手に入るので良い時期ですね
回路図を見たら自作では無理な金額と性能ですね

私はモーターテストにはパソコンでNCコードで動かしています
このDDSはパルスの数を設定可能なのでしょうか
可能だと凄い良い物ですね

これも良いですよ
任意デジタル・パターン・ジェネレータ
http://www.datadynamics.co.jp/usbee/dxsg.html
追記
でも此もパソコンに繋ぐ物です

Re: 物欲??

こんにちは。

組込み系マイコンの高性能化により、このような簡易な計測器等が安価にて、入手できるのは嬉しい限りです。
自作できるのであれば、したいところですが能力が足らないので。。T.T

範囲外の周波数も指定できますが、波形が崩れます。


まだ、しっかりマニュアルを読んでないのでなんですが、サーボモードはパルスのデューティー比の変化で、周波数自体かわりません。パルス数も指定できないようです。


> これも良いですよ
> 任意デジタル・パターン・ジェネレータ
> http://www.datadynamics.co.jp/usbee/dxsg.html

お値段も、良いですね。。




実験用パルス発生器の作例


が、書籍、「実験で学ぶDCモーターのマイコン制御術」CQ出版
http://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/41/41481.html

に載っています。
使用マイコンはH8/3694Fで、スローアップスローダウン、定速度回転時間等設定できるようです。
残念ながら時間の指定で、パルス数の指定ではないようです。。

上記書籍サイトに、ソースコードのファイルがあります。


またこの書籍、ブラシ付きDCモーター用ですが、フィードバック制御の実験の記述もあります。


1軸分だけでもよいので、Step/Dirの信号を制御できるPC以外の小さなテストシステムがあると便利ですが、私に開発する技能はありません。。。。
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。