スライドシステム

ホントのところはLMガイドとかを使いたい所ですが、高価なので、リニアシャフトとリニアブッシュを使用しています。

なぜか、モノタロウとかではリニアシャフトとリニアブッシュが安価です。

リニアブッシュを使う利点として、許容荷重が足らなければ、複数のリニアブッシュまたはダブルタイプとかを使い、単純に許容荷重を増やすことができます。


設計のバランス次第では、結構長持ちします。

押切1

画像は、木工用のスライド丸のこです。
きちんと調整し、上手に使用すれば任意の角度に切れる優れものです。

押切2

使い方にもよると思いますがかなり使っているはずなのですが、スライド部分の動きもスムーズです。

スライドシステムにリニアシャフトとリニアガイドを使用しようと思ったのは、かなり前からこのような機械にてリニアブッシュとリニアシャフトを使用していたからです。



スピンドルの掴める刃物の径、加工物の硬さ、加工速度等、色々な要素によって、CNCマシンの必要なフレームの強度は違うので、一概には言えませんが、ここ日本において安価で程々に正確で選べる大きさがいろいろあって、、、となると、スライドシャフトとスライドブッシュが良いのではないかと思います。





スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ