魅力的なスペックですが。

以前からネット上で時折見つけるステッピングモータードライバIC THB7128 とゆうもの。。

北京海华博远科技发展有限公司とゆうところがメーカーみたい。

なんか、SANYOとTOSHIBAの文字があるけど中国語で読めませぬ。

TB6560を1/128マイクロステップまで設定できるようなICらしいけど、、、。

んでもって、中国の電子部品屋さんTHB7128のページのManufacturerにはJAPANの文字がぁ、、。。。

Aliexpressで、THB7128 drive Stepping motor driven plateとして販売してるが、購入する度胸は残念ながら持ちあわせておりません。。





ついでに、、、中華CNCUSBインターフェース基板も、格安ですなぁ。。Mach3対応だそうで、、。

従来のTB6560搭載の中華CNCインターフェース基板もUSB化されてますなぁ。。こちらもMach3対応だそうです。。

使用しているマイクロコントローラーはPICのようです。




※注意!この記事は決して購入を薦めてるわけではありません。私自身も試してませんし、どんな代物か判りません。。




11/30追記。
上記中華CNCUSBインターフェース基板 (ステッピングモータードライバのない方)の出力できるパルスが25kHzと記載されてる。。
25kHzってことは、Pokeys56Uと同じ位。。


パラレルポートより、遅い。。。。。。。。

12/1 追記。

記事中のTHBシリーズ、
http://www.piclist.com/techref/io/stepper/THB6064/index.htm
にて、堂々と東芝TB6564AHQと書いてあります。

が、しかし、東芝セミコンダクタのホームページ内にはそのようなICのデータシートはありませぬ。。

直接東芝へ問い合わせようと思ったのですが、問い合わせ用のフォームがうまく送信できない。

どうもこのブログ、時々東芝からのアクセスがあるようなので、社員の方が見ているのであれば、確認していただきたいです。

もし、そんなドライバICが東芝製であるのであれば使ってみたいですし、ないのであれば東芝ブランドを、、。

http://octopart.com/tb6564ahq-toshiba-22246452にて、見積もとれるみたい。


http://www.mycncuk.com/forums/drivers-controllers/3953-recommend-superior-stepper-motor-driver-ic-you.html
ここなんかは、なんか怪しい証明書まで。。


GoogleによるTB6564AHQの検索
THBシリーズの問題、ほぼ解決いたしました。
詳細は後日。。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

バイポーラ

私もトルクアップに興味があります

ユニポーラのモーターの8本リード独立の物
無ければモーター内部の結線をばらして単独に出来る物
それを並列にして
1コイルに流れる電流をキープ
ユニポーラの倍の電流のドライバー

例えば
秋月の3Aのコイルのモーターにて改造可能なら
6Aのバイポーラのドライバーがあればテストしてみたいです

低域から高速域まで理想のバイポーラモーターが出来ます
テストしてみたいですね
v-16v-40色付きの文字

Re: バイポーラ

こんばんは。
理屈的にはプロボッティクスのサイトの
http://probotix.com/stepper_motors/unipolar_bipolar/
にあるような感じになると思いますが、運用時の体感ではグラフのようではないかも。。

私が分解した以前販売されていた秋月電子の中型大型ステッピングモーターは、過去記事
http://woodcnc300.blog.fc2.com/blog-entry-134.html
にあるように、モーターの巻線からの取り出しが基板を経由してるので、8芯への変更はそんなに難しくありません。私の秋月中型は8芯に改造済みです。

また、オリエンタルモーター製のユニポーラステッピングモーターも、後ろの蓋を開けた所、8芯へ変更可能なようでした。これは、改造してません。



> 秋月の3Aのコイルのモーターにて改造可能なら
> 6Aのバイポーラのドライバーがあればテストしてみたいです

アレグロマイクロシステム社製ステッピングモーターコントローラーIC(ステッピングモーター用FETドライバ)A4989を使用して、ドライブ段のFETを大きなものとすれば可能だと思いますが、現在私は開発に失敗しております。^^;
そのうちリベンジ!

また、STマイクロのL297を使用して、ドライブ段だけをFETブリッジとしての作例も海外のサイトにはあるようです。。

この会社の
http://www.embeddedtronics.com/ 
PICを使用したドライバ基板や、
http://www.embeddedtronics.com/microstep.html 
CPLDを使用したドライバ基板
http://www.embeddedtronics.com/microsteppld.html 


 

などは、耐電圧の高いフルブリッジICを使用して高い電圧での作動で、バイポーラとしてはとんでもない回転数を出しているようです。

CPLDなドライバは、ステッピングモータードライバICとして市販されているものより反応速度が高いので、ひとつ試して見たいところではあります、、が、、、。。


PICでのものは、ソースコードも公開されているので複製可能かも。
フルブリッジICの入手性に、、、ですが。。



> 低域から高速域まで理想のバイポーラモーターが出来ます
> テストしてみたいですね
v-16v-40色付きの文字


ユニポーラに比べてゴリゴリ回ります。。
スムーズに回すための高マイクロステップ、もしくはウエーブドライブが欲しくなります。。




ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ